my cognition

Cognitiveはよいぞ。電波伝搬はよいぞ。

独自ドメインでGithub Pagesを使う。

tl;dr

・これを追っていただけると良い(10:03 PM - Jun 19, 2018の部分をクリック)

やりたいこと

  • GitHub Pagesが強そうなのを知ったので、どうせなので使ってみたい
    • 独自ドメインのresume的なサイトが欲しい
    • Amazon S3だと、小数点以下が降り積もって課金されるかもしれない

やったこと

基本的には、公式サイトに記載の内容を実行しただけ。ドメインのCNAME設定のみ、Azureを使用したことが特別かもしれない。 https://pages.github.com/

1. GitHubでのリポジトリ作成、index.htmlの作成、push

割愛。GitHub Pagesに記載のそのままの操作で実行できるので、試してほしい。(できない場合は、コメントいただけると助かる。)

2. DNS設定をしない状態で、Custom Domainを設定する

ここからは、"Custom URLs"に記載の内容となる。Quick Startの記述が若干ややこしい気がする。
Quick start: Setting up a custom domain - User Documentation

3. Azure DNSでCNAME設定する

4. HTTPS対応する

結果

今後

  • Jekyllを使ってresume等の、発信したいページを書くための準備をする。

技術的補足

気づいたことを記載する。

DNS設定とGitHubの連携について

コミットを追っていただけるとわかるが、直下に"CNAME"というファイルが作成されている。これは、リポジトリのGitHub Pagesを編集した際に勝手に作成、変更される。 推測だが、Settingsの画面を変更しなくとも、同等に編集してpushすることで反映されるのではないかと考えた。

AzureのDNS設定について

今考えれば当然だったが、@にCNAMEが使えない。素直にwwwを登録する。

GitHub Pages 独自ドメイン使用時の証明書について

Let's Encryptが使用されている。