my cognition

Cognitiveはよいぞ。電波伝搬はよいぞ。

VMware vSphere ESXi 6.5にWindows Server 2012R2、2016の評価版をインストールする

tl; dr

  • (CredSSPの検証のため、)ESXiにWindows Serverの評価版をインストールした
  • HTML5 クライアントは軽い
  • スナップショットの作成は大事

資材


手順

Windows Server 2012 R2

実施した手順のスクリーンショットは以下にアップロードしている。古い順で閲覧いただきたい。

20180506_Win2012R2 - moffumoffu's fotolife

ざっくりというと、以下の通り。

  • 仮想マシンを作成
  • OSをインストール
  • スナップショットの作成
f:id:moffumoffu:20180506041519j:plainf:id:moffumoffu:20180506041530j:plainf:id:moffumoffu:20180506041550j:plain

Windows Server 2016

Windows 2012R2と同様に、以下にアップロードしている。古い順で閲覧いただきたい。

20180506_Win2016 - moffumoffu's fotolife


コメント

  • 上記のスクリーンショット内には含まれていないが、事前にデータストアにWindows Serverの評価版インストールディスクのISOイメージを用意しておくと、仮想マシンの作成がスムーズになる。その手順は、必要であれば、VMware社の手順を参照いただきたい。
  • HTML5クライアントは軽い。未だvSphere Client(HTML5)を試していないが、期待したい
  • OSインストール直後にスナップショットを作成することで、検証後も元に戻せる保障ができる。
    • この記事で言いたかったことの一番大きな理由はこの部分である。
    • 但し、仮想マシンのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があるため、物理ホストの性能を鑑みて、検討が1必要である。

留意点

  • 今回使用しているESXiの所属する192.168.100.0/24のプライベートネットワークからは、DHCPによってWindows ServerはIPを保持し、インターネットとの通信を行うことができる。
    • ライセンス認証が行われているのは、すでにインターネットに接続できる環境となっているためであり、そのための手順は特に用意していない。