読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっふもっふにしてやんよ!

勉強会行った話9割、手を動かした話1割。

JXUGC #13 東京にお邪魔しました。

勉強会

またまたやってまいりました、品川グランドセントラルタワーです。さわやかな受付の方が「いい写真は撮れましたか?」とお声かけくださいました。

よく見たらブレてる!!!

そんなわけで、「JXUGC #13 東京 緊急開催 Xamarin のすべて!」と題された勉強会に言って参りました。(第2セッションから一番前で手書きメモ取ってた人です。)

13時から19時。すっごい長丁場でしたが、それを全く感じさせない、非常に質の高い勉強会でした。私自身、アプリ開発などほとんど行ったことが無かったので、このような場に居ていいのだろうかという心配がありましたが、C++を触っていた甲斐もあり、内容に関しては全くわからないということはなくて助かりました。

それでは、各々の発表ごとについて、稚拙ではありますが紹介させていただきます。

追記:メモの一覧はこちら 20160507_jxug13 - moffumoffu's fotolife

13:00~ @ytabuchi 「はじめに+JXUGについて+なぜXamarinなのか」資料メモ

JXUG代表田淵さんのオープニング。Xamarinはツンデレですよ!(要約)ということなので、Xamarinさんをどうぞよろしくお願いします。

13:15~ @chomado 「ちょまど、Xamarinへの愛を語る」資料メモ

噂のMicrosoftエヴァンジェリスト、ちょまどさん満を持して(?)初登壇。Xamarinという会社の生い立ち、キーパーソンの紹介と、聞いていてXamarinという会社/プロダクトに対する親近感と、心が温まるお話でした。

13:40 @iseebi 「600件のプルリクエストから見たXamarinはまりポイント」資料メモ

2年以上のXamarin開発経験から、ハマりやすいコーディングポイントやデバイスのご紹介でした。GalaxyS4 4.2.1は変な挙動したり、むしろ仕様通りの動作したりして必携のデバイスだそうな。

13:55 吉田将明 「ネイティヴアプリをXamarin.Formsに移植してみた」資料メモ

炊飯器を売っていた話は置いといて、某賃貸物件検索の各モバイルOSにネイティブなアプリケーションを、Xamarin.Formsに移植した事例紹介。約7割のコードを共通化できたということでした。ネイティブな実装が多い場合はFormsよりもNativeで書いたほうが良いかもと、プロダクト開発経験からの知見もまとめられていました。

14:10 @AyaseSH 「Formsで使えるライブラリやテクニックをご紹介 ~日本酒アプリSakenomyは、Forms製です~」資料メモ

私はお酒飲めないので、この記事を見た皆様は是非とも一度Sakenomyさんに触れて活用してください。具体的な内容は、他の方は触れられていないカスタムURLスキームの話や、役立つライブラリの話です。

14:50 @amay077 「DroidKaigi2016アプリをXamarinに移植してみた話」資料メモ

Android界隈の人なら誰でも知っている(らしい)DroidKaigiのアプリを、Xamarin.Androidを用いて移植した際のお話です。ソースコードの移植といえば、あまり考えたくないことが多い(結構な量の書き直し、依存関係、ライブラリetc...)ですが、Xamarinは意外と(力技もありますが)素直に移植できてハッピーだったという内容(白目)です。

15:15 鈴木友宏 「Xamarin実戦投入時に気をつけたいことあれこれ」資料メモ

アプリ界隈は、結構派手でユーザーよりの花形な発表が多い(イメージ)ですが、その中で、どちらかというと固い、ミスが許されない系の業務系アプリを作られている方のお話です。内容は、誰でも一度は経験したことであろう「表にしてほしいな」的な表コントロールは存在した。。。!みたいな話・・・はおまけ程度に、Xamarin.FormsかXamarin.Nativeの選択方法、そしてXamarinで時間をどれだけ短縮できるか、などです。

15:35 @ailen0ada Windows.FormsアプリをMacに移植するベストプラクティス」資料・ メモ

Xamarin.Macの人です(で伝わるらしいです)。なかなか具体的な事例を出すことが難しいXamarin.Mac界隈で、既存の「Gochiusearch」を移植した事例を紹介されました。パフォーマンスがどう違うか、OSX上でアプリがどう認識されているか(というよりアプリ側がネイティブに対応しているか)など、興味深い内容になっています。

16:10 @okazuki 「Prism.Formsについて」資料メモ

5/6に(破壊的)アップデートがあったらしい、今まさにHotな(白目)フレームワーク、Prismの紹介です。Xamarin.Formsが動く環境であれば動くらしいMVVM支援ライブラリ(ちょっと認識が追いついてません)です。資料からは伝わりませんが、素晴らしいライブコーディングがあって、なんとなくやっていることがわかりました。

16:35 @ayasehiro 「Xamarinでもクラウドで監視したい!」資料メモ

伺か・・・といって、最近の人に伝わるかわかりませんが、Mac向け伺かベースウェア「何かon林檎」の開発者さんです。最近業務システムでも活用されているタブレット。それの運用・監視にまつわるお話です。(PowerBIがどんなものかは後で知りましたが)どのようにしてユーザーの端末から障害情報を集めるかの概略に始まり、Application InsightsからHockeyAppへの乗り換えに関する検討など、業務系のアプリに関わらず、さまざまな人が納得できる内容だと感じました。

16:55 @furuya02 「20分でできる!Xamarin.Forms入門」資料メモ

明らかに発表順序が間違っていたと噂の初心者向け講座です。Xamarin上でUI組み立てる上での各要素を、OS別動作例のデモを交えることでわかりやすい説明がなされました。私個人としては、アプリ開発をほとんど行ったことが無いので、同じ境遇の人にはイチオシの内容です。

※ここから後の皆様は10分LT枠です

17:30 @nuits_jp 「エンプラな開発者からみたXamarinの可能性」資料メモ

実際に業務でXamarinを導入する上での疑問を一問多答でわかりやすくまとめられていたり、金額の話や、現在のXamarinの弱点、そしてMicrosoftさんに求めることの指摘を行われていました。

17:40 @_pochi 「Win/Mac/Android/iOS向けクロス開発にXamarinがうまくハマりそうだった話」資料メモ

Macの様子が・・・?業務上で開発された、マルチOSファイル転送クライアントのお話です。ファイル転送機能をC++のNative Libraryで書きつつ、そのコードをほぼ全てで共通化できたり、Desktop/Mobile横断なアプリケーションだったからこそXamarinがうまくハマ(りそうだ)ったとのことで、珍しい事例だと思うので一見の価値ありです。

17:50 @ticktackmobile 「Xamarin.Formsでアプリを公開した話」資料メモ

 潮さん推しかつデモ中にTwitter通知出されるマンらしい(ゴメンナサイ)、刀剣乱舞の専ブラ作ったりされている方だそうな。今回は、初音玲さんのAEDオープンプラットフォームについてXamarinでアプリを書く上で学んだことや、引っかかったことの発表をなされました。

18:00 @omanuke 「Xamarin.Forms実践投入してみて思ったことあれこれ」資料メモ

F#大好きな人とのことで(VSになんか項目があるなーぐらいの知識でしたが)、実案件でXamarinを使用した観点から、向き不向き、さらに、実際にどんなものが作れるかのモックの商会など、LTでは収まらない内容でした。

18:10 @espresso3389 C++からC#までVisual Studio縛り(で死ぬ実験)」資料メモ

後述する懇親会でお隣に座られた川崎さんのお話です。同一ソリューション内でC++ Shared LibraryとXamarin.Formsが共存できるかに挑戦したレポートです。結末が悲しみを背負っているのはタイトルの通りです。

18:20 @kurosawa0626 「Xamarin A or B 開発環境の選択」資料メモ

勉強会の最後を締めくくったのは、もの凄い勢いで艦これツイートをされている黒澤さんの、開発環境についてのまとめです。私自身、話を聞いていてMacにすればいいのかなーどうなのかな~と悩んでいたところに、非常に整理された開発環境選択の話を頂いたので、頑張ってMacを買おうかと思います。

雑ではありますが、紹介は以上となります。各発表に関して興味がある方は、資料を参照いただいたり、登壇者の皆様が他の勉強会で話される情報をチェックされてはいかがでしょうか。

また、今回は、初めて懇親会なるものに参加致しました。皆様のお心遣いもあり、非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。(大人の世界チョットコワイ)

 

改めまして、運営の皆様、登壇者の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした!