もっふもっふにしてやんよ!

勉強会行った話9割、手を動かした話1割。

BPStudy#104 にお邪魔しました。

この発表が1000円で聞けていいのですか!?

そんなわけで、代々木で行われたBPStudy#104についてのレポートです。場所はこの辺り。といっても、ブログに書くのは初めてで、まだいろはもわかっておりません故、会場に行った報告みたいなものになりますのでご容赦を。Tokyo ComCamp 2016の記事はお蔵入りしました。

前日に「DNSが浸透する」論争で名刺を作るのを完全に忘れていたため、非常に反省しつつ、色んな意味で私が大ファンであるさくらインターネットさんの方でお話でよく聞いていた、正直何をされているのか良くわかっていなかったSORACOMのCTO安川さんと、「みなさんハードウェア開発に興味ありますか?」の一言に釣られて意地でも聞きたいと思ったCerevo佐藤光国さんのプレゼンを聞きに行きました。

1件目、SORACOM CTOの安川さん。

スライドが公開されているので以下へどうぞ。

http://www.slideshare.net/SORACOM/bpstudy-104-iotsoracom

非常に印象的だったのは、安川さんが現在2児のパパで、「本日の発表中に電話が鳴ったら帰ります」と、3児のパパになられるかも知れない、といった中での発表だったこと。そして、スタートアップからの開発スピードについて、「wikiに仕様を書いたら2週間でサービスができていた」との話。当然、内部の細かいすり合わせはあるのですが、マイクロサービスアーキテクチャで各々が作って、結合テストしたら一発で通ったという・・・個々の技術だけでなく、チームとなってもパフォーマンスの下がらない(むしろ上がる)、知れるエピソードでした。

ロゴの信念に惚れたとか伝えたいことは山ほどあったのですが、文章に起こしきれないので、是非上記のスライドを見てください!

2件目。Cerevo社の佐藤光国さん。

 

https://twitter.com/key3/status/724924681342558208

まとめているうちに上記のツイートが流れてきたので、資料公開を待ちましょう!

(4月27日21:30追記)公開されました!

 

基本的な内容としては、3Dプリンタの概要や、物性の話だったり、乗っける組み込みデバイス、無線系の話。私がそっち系の畑出身だったので、FCCとか技適の話とかが出て、ちょっと胸が躍りましたね。

知らないうちに3Dプリンタが発達(?)していて、素材を焼いてくっつけて並べることで、綺麗な配置にできてるそうな。兄上の影響で物性の話もかじっていたので、そこまで綺麗に並ぶのが相当意外でした。後は、プロジェクトが動く上での実務上の話とか、モノならではの、素材が届くまで時間かかる話とか。電源効率とかセンサ、無線の話までまとめていたらキリがないので、資料のほうを参照ください。

そんなわけで、月曜日からいっっっぱい元気と知識をいただきました!運営の皆様、登壇者の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました!

 

(以下は私の物理的なメモです)

追記: メモの参照先変更しました 20160425_bpstudy104 - moffumoffu's fotolife